富田睦子さん

IMG_74191.jpg富田睦子さん

 

富田さんが初めてベルリンにやって来たのは、1985年。それまでは、大学でドイツ文学を勉強し、卒業後は東京のカフェでバイトをしながら、ゲーテ・インスティテュートでドイツ語を勉強していました。

「デヴィッド・ボウイのファンで。アルバム『ヒーローズ』が好きで、ベルリンに住みたかったんです」

当時のベルリンは、『ヒーローズ』や、映画『クリスチーネ・F』の世界そのままだったとか。世紀末の、退廃的な空気が流れていたそうです。
富田さんが住んでいたのは、ベルリンの壁が開く前のクロイツベルク地区。バーやカフェが並ぶこのエリアへ毎晩のように出かけては、時代の空気を味わっていたのでした。
「もう毎日ベルリンに浸かっていて。このまま人生が終わってもいいと思いましたよ(笑)」

 

 

 

SOURCE: http://osanpoberlin.blog.fc2.com/blog-category-14.html

 

Access the full content of this publication is available only to registered users. If you are an existing user, please log in. New users may register below.

Existing Users Log In
 Remember Me  
New User Registration
*Required field