ハナ・テラモトさん

Mojoコーヒースペシャリスト ハナ・テラモト

ハナ・テラモトさん

両親の仕事の関係で日本とシドニーを行ったりきたりしながら育つ。日本でシステムアドミニストレーターとして働くが、結婚後、「自分らしく生きられる場所」を求めて海外移住を決意。IT技術者の夫とともに2007年にニュージーランドへ渡る。同年クライストチャーチでカフェに就職し、コーヒーの奥深さに目覚める。バリスタとして腕を磨き、2008年11月、クライストチャーチのロースタリー「Vivace」のインハウス・コンペティションで優勝。2009年3月にニュージーランド・バリスタチャンピオンシップに初出場し、クライストチャーチ地区予選で5位になる。同年終盤にニュージーランドの永住権を取得し、翌2010年、オークランドへ移る。

オークランドのスペシャリティコーヒー専門店でバリスタとして勤務しながら、2012年にコンペに復帰し、全国7位となる。翌2013年の同大会では2位となり、今年2014年3月にウェリントンの著名なバリスタ、ニック・クラーク氏を破って1位に輝く。4月のアジア・オセアニア大会でも優勝を飾り、6月には世界大会に出場。17位となる。

2014年10月、ニュージーランドの大手ロースタリー、Mojoのコーヒースペシャリストとなり、これまでの知識と経験を活かしてバリスタのトレーニングや会社全体のコーヒーのレベルアップに努めている。2016年には再びコンペに参戦する予定。

 

 

SOURCE: http://nzdaisuki.com/topic/interview/hana-teramoto

Access the full content of this publication is available only to registered users. If you are an existing user, please log in. New users may register below.

Existing Users Log In
 Remember Me  
New User Registration
*Required field